舟状骨骨折

症状

急性期では、手首の親指側に痛みがあります。急性期を過ぎると一時軽快しますが、放置して骨折部がつかずに偽関節になると、手首に痛みが生じてきて、力が入らなくなり、また動きにくくなってきます。

偽関節とは?

骨折した骨がつかず、関節のように動くものをいいます。

原因

スポーツや交通事故などで手首を背屈させられて、手をついた時に生じることが多いです。舟状骨は、指先の側から手首に向かって血行があるので、腰部と呼ばれるくびれた部分に骨折が生じるとその中枢側の血行不全が生じやすく、偽関節になりやすい骨折です。この骨折の特徴として、骨折とは思わず、捻挫と思ったまま放置し、偽関節になることが多くみられます。

診断

受傷後に手首の痛みや腫れが続く場合はこの骨折(偽関節)も疑い、X線検査が必要です。しかし初期には普通のX線検査でも発見されにくいことが多く、放置すると偽関節になります。そのため、わかりにくい場合はCTやMRIなどの精密検査を行うこともあります。

治療

この骨は血行が悪いため、非常に治りにくい骨折の一つです。早期に発見された場合、ギプス固定で治すこともあります。この固定が長期に及ぶことも多いため、手術治療として特殊ネジによる内固定をおこなって治療期間を短縮することも積極的に行われています。また偽関節になったものでは、放置すると手首全体が悪くなってくることが多いため、手術が必要になります。

ギプス固定

ネジによる固定