頚椎症

症状

症状は大きく3つに分けられます。

  • 首・肩甲骨付近の痛みや肩こりなどの症状が出ます。首を動かすと痛みが増しますが、手のしびれはありません。(局所症状)
  • 主に片方の首~肩~腕~手にかけての痛み、しびれ、力が入りにくい等の症状です。これは脊髄の枝(神経根)の障害によるものです。(神経根症)
  • 両方の手足がしびれたり、動きが悪くなったりします。ひどくなると箸の使用やボタンかけが難しくなる、階段を降りるのが怖くなる、排尿や排便に異常が出る等の症状が出ます。これは頚椎の中を通る脊髄の障害によるものです。(脊髄症)

原因

脊髄をつなぎ、クッションの役目をしている椎間板は20歳を過ぎてから変性(老化現象)が始まるといわれています。変性が進むと椎間板にひびが入ったり、徐々に潰れてくるといった変化をきたします。それに伴い骨が変形して出っ張り(骨棘)を生じますが、これが神経根に触れると神経根症になります。またこの骨棘と背骨をつなぐ靭帯の厚みが増すと、脊髄の通り道(脊柱管)が窮屈になり、脊髄症を生じます。不良姿勢、繰り返しの重量物の挙上、頚椎に過度の負担が かかる運動などはこの変性を早める可能性があります。

診断

脊髄症および神経根症の症状の有無を確認することが重要です。その可能性が考えられる場合は、レントゲン撮影やMRI等により診断します。必要があればさらに精密な検査(脊髄造影、CTなど)を行います。

治療

よい姿勢を保ち、頚椎の負担をできるだけ減らすことが重要です。一般的には首を軽く前屈にすると神経への刺激は少なくなりますが、個人差がありますので医師に相談してください。

治療としては、薬物療法(プレガバリン、消炎鎮痛剤、筋弛緩剤など)、運動療法、装具療法などがあります。脊髄症が出現した場合や神経根症が長期に続く場合には手術が必要な場合もあります。

手術

狭くなった脊柱管を広げる椎弓形成術や、神経を圧迫している椎間板・ 骨棘を取り除き固定する前方固定術などがあります。症状に応じて適切な方法を選択します。