頚椎症性脊髄症

症状

両方の手足がしびれたり、動きが悪くなったりします。ひどくなると箸の使用やボタンかけが難しくなったり、階段を降りるのが難しくなったり、排尿や排便に異常が出る等の症状が出ます。

比較的年齢が若ければ、かけ足やケンケンをしにくくなるなどの軽度の症状を自覚できますが、高齢者では気づくのが遅れる場合があります。

脊髄が通る脊柱管が圧迫されるため、左右両方の手足にしびれの症状が出ることが特徴です。

原因

頚椎症性脊髄症とは、頚部の痛みなどを症状とする頚椎症のひとつです。
頚椎症は障害される部位によって、頚椎症性神経根症と頚椎症性脊髄症に分類されます。

頚椎症性脊髄症は、椎間板の変性の進行(頚椎椎間板ヘルニア)により形成される骨棘(骨のとげ)と老化により肥厚した靭帯が、脊髄の脊柱管を圧迫することで生じます。

加齢による椎間板の変性が主な原因のため、中高年の方に多く見られる疾患です。
悪い姿勢を取り続けることや継続的に首に負担がかかる重いものを持つお仕事などは、頚椎の椎間板の変性を早める可能性があります。

診断

頚椎症の診断には、問診や神経学的テストが重要です。症状を詳しく伺うことで、頚椎のどの場所が圧迫されているか判断できます。神経学的テストに反応があり、レントゲン検査で頚椎症性変化を認め、MRIで脊髄の圧迫を認めることで診断します。

ただし、中年以降ではX線での頚椎症性変化はほとんどの人に見られますし、MRIでの脊髄圧迫所見も症状がない場合でも見られますので、検査所見だけで診断することはできません。

神経内科の病気には症状がよく似ている病気が一部ありますので、注意が必要です。

治療

症状がしびれのみの場合は、保存的療法で経過観察することもあります。
転倒などの軽微な外傷で脊髄損傷になる可能性が存在しますので、転倒しないように注意します。

日常生活に支障があるような障害、たとえば手先をうまく動かせない、階段の昇降に苦労するなどの場合は症状に応じて適切な手術法が選択されます。

手術には、脊髄の通る狭くなった脊柱管を広げる脊柱管拡大術、脊柱管を圧迫している骨棘や椎間板ヘルニアを取り除く前方固定術などがあります。