肘関節の病気

肘の骨の名前と機能について

肘関節は上腕骨・橈骨・尺骨の3つの骨から構成されており、それぞれ腕橈関節 (上腕骨と橈骨)、腕尺関節 (上腕骨と尺骨)、上橈尺関節 (橈骨と尺骨)と呼ばれる3つの関節からできている複関節です。

肘と肘関節は、上肢の動作や機能に重要な役割を果たす部位です。
以下に、肘と肘関節の機能について説明します。

  • 屈曲:
    肘関節の主な機能の1つは、上腕と前腕を曲げることです。この動作は、食事をする際の手や腕の位置の調整や、物をつかむときの腕の曲げに関与します。
  • 伸展:
    肘関節は、上腕と前腕を伸ばす役割も担います。例えば、手を前に伸ばしたり、物を持ち上げたりする際にこの動作が必要になります。
  • 回内:
    前腕の回内(内側に回す動作)は、手のひらを下向きにし、手の甲を後方に向ける動作です。この動作は、手のひらを下向きにして物を掴むときや、手首を保護するときに必要です。
  • 回外:
    前腕の回外(外側に回す動作)は、手のひらを上向きにし、手の甲を前方に向ける動作です。この動作は、手首を保護したり、手のひらを上向きにして物を持ち上げるときに必要です。

これらの動作は、日常生活で様々な活動を行う際に重要です。また、スポーツやその他の身体活動においても、肘関節の柔軟性と強さが必要とされます。肘関節の損傷や障害がある場合、これらの機能が制限されることがあり、リハビリテーションや治療が必要になることがあります。

こんなお悩みはありませんか?

  • 肘が痛い
  • 肘が腫れている
  • 肘が動かしにくい
  • 肘の力が入らない
  • 肘のしびれやちくちく感がある
  • 肘の変形や腫れがある

こんな病気の可能性があります

上記以外の病気の可能性もあります。
どの病気も早めの診断が早期回復のカギですので、当院へ気軽にご相談ください。