ガングリオン

症状

関節の周辺に米粒大からピンポン玉くらいの腫瘍ができます。手を使いすぎると腫瘍は大きくなることがあります。手首の甲にできることが多く、柔らかいものから硬いものまであります。

ガングリオンができやすいところ

不快感がありますが、多くの場合強い痛みはありません。ただし神経が圧迫されると、痛みが出ることもあります。

ガングリオンができやすいところ

原因

関節液(関節を包む袋である関節包の内部にある透明で粘り気のある液体)や腱と腱鞘(腱を包む鞘)の潤滑油である滑液がガングリオンの袋に送られ、濃縮してゼリー状になります。
女性に多く、手の甲に出来ることが多いですが、必ずしも手を多く使う人に多いとは限りません。

そのほかにも、ガングリオンは身体中の至る所に生じます。骨や筋肉、神経に出来るガングリオンもあります。

診断

注射器で腫瘍を穿刺し、内容物がゼリー状ならガングリオンと診断します。小さいものはMRI 検査や超音波検査が有効です。。

治療

ガングリオンは腫瘤のみで無症状なら、放置しても心配はありません。ただし、診断をしてもらうためにも整形外科を受診しましょう。大きくなるもの、痛みが強いもの、神経が圧迫される症状が出るものには治療が必要です。 症状によって、保存的療法と手術のどちらかが選択されますが、いずれの治療法でも再発することがあります。

保存的療法

ガングリオンに注射針を刺して注射器で吸引し内容物を排出します。何回か吸引排出する治療を行ううちに治ることもあります。ガングリオンに力を加えて押し潰す治療法もあります。

手術

「除去手術」はガングリオンの内容物が溜まっている袋ごと除去する手術です。ガングリオンの大きい場合や痛みが強い場合に有効で治療効果が高く再発の割合も低いと言われています。すべてのガングリオンの患者さんに適用されますが、腫瘤が神経や血管の近くで摘出時に組織を痛める可能性がある場合は例外となる場合があります。

「レーザー手術」は最新の手術法で1か月~2か月ほど毎日通院し低出力半導体レーザーを患部に直接当ててガングリオンを取り除く治療法です。すべてのガングリオンの患者さんに適応しますが妊婦さん、心臓疾患のある方は適応されません。