アキレス腱付着部症

症状

アキレス腱とかかとの骨の付着部周辺に痛みや腫れがあらわれます。とくに上向きに足首を曲げたときに強い痛みが生じます。

進行すると、安静時にも痛みが続くようになります。また、かかとの部分が深い靴を履くと、症状が悪化する場合があります。

主な症状のまとめ
  • 朝起きて足を着いて歩く時に鋭く、強い痛みがでる。
  • 座ってから立ち上がりや歩き始めに鋭い刺す痛みがでる。
  • アキレス腱を押すと痛みがある。
  • 靴の圧迫でも痛みを感じる。
  • 足首を強く曲げると突っ張る痛みが踵の下側に現れる。
  • 階段の降りる時、つま先を着いたときに強い痛みがある。

原因

アキレス腱とかかとの骨が付着している部分に強い引っ張る力が加わります。また、その少し上では腱と骨が接しているため、互いに圧迫力を受けています。これらの力が繰り返し加わることで、付着部に変性が生じ、痛みを起こします。

発症のきっかけは、かかとの骨や足の形の異常、仕事やスポーツなどによる使いすぎ、筋肉の柔軟性低下、不適切な靴などです。

主な原因のまとめ
  • 仕事やスポーツなどによる脚の酷使
  • 肥満などによる、過度な体重増加
  • ハイヒールや足に合わない靴の常用

とくにつま先がとがったデザインの靴、高いヒールやヒールの先が細く不安定になりやすい靴は、足への負担が大きいので、アキレス腱付着部炎のリスクを高める原因になります。

また、成長期は身長や体重の急激な増加に腱の付着部の発達が追いつかないことも多く、アキレス腱付近の組織のトラブルも起こしやすいです。

病態

アキレス腱付着部症は、繰り返し負荷がかかることで、アキレス腱とかかとの骨との付着部に変性が生じ、痛みが生じます。腱・靭帯付着部症(エンテソパチー) のひとつです。

症状の進行に伴って、肉芽形成、石灰化、骨化などの組織の変化があらわれます。X線像でみると、腱に突き出た骨棘(骨のとげ)が認められることもあります。

診断

以下の症状が認められた時、アキレス腱付着部症と診断されます。

  • アキレス腱付着部またはアキレス腱の周囲にある滑液包に、圧痛(押さえた時の痛み)や持痛(つまんだ時の痛み)がある。
  • 階段の上り下り、歩行などでアキレス腱付着部に痛みが出る。
  • かかとの骨の骨折やアキレス腱断裂とは異なる。

治療

保存的療法・理学療法

  • 足の形に合った靴を履き、足底挿板(靴の中敷き・インソール)を装着します。
  • アキレス腱のストレッチを行います。

薬物療法

痛みを和らげるために非ステロイド系消炎鎮痛薬の外用剤や経口剤を用います。痛みが非常に強い場合にはステロイド剤の局所注射を行うこともあります。

手術療法

重症の場合、腱が変性した部分や橈骨後上隆起(かかとの骨の出っ張り)の一部を取り除きます。最近では内視鏡による手術が行われます。

予防

アキレス腱付着部炎はアキレス腱に過剰な負担がかかることによって引き起こされため、アキレス腱付着部炎を予防するには次のような対策を行いましょう。

  • 運動前は足首ストレッチを行い、いきなりアキレス腱に大きな負担がかからないようにします。
  • 足にしっかりフィットした靴を履きましょう。
  • 長時間のハイヒール着用は控えましょう。
  • 長時間運動するときやジョギングなど足の裏に衝撃が加わる運動をするときは、足底が固すぎない靴を選びましょう。
  • かかと周囲に痛みがあるときは専用のサポーターを使用します。
  • 食生活や運動習慣を整えて肥満を予防します。