膝の病気

膝の骨の名前や機能について

膝は、人間の下肢の間接部であり、大腿骨と脛骨との間にある重要な関節です。膝関節は大腿骨の下端の軟骨である大腿骨髁と、脛骨の上端の軟骨である脛骨平台の間にあります。膝関節はまた、膝蓋骨と呼ばれる膝キャップが大腿骨髁上の溝に位置しており、膝関節の動きをサポートし、力を分散するのに役立ちます。

膝関節の主な骨は以下の通りです。

  • 大腿骨
    大腿骨は人間の体で最も長く、最も強い骨の一つです。大腿骨の下端には大腿骨髁があり、膝関節の上部を形成します。
  • 脛骨
    脛骨は下肢の長い骨であり、大腿骨の上で直接転がることによって膝関節を形成します。脛骨の上端は脛骨平台を形成し、大腿骨髁に対応しています。
  • 膝蓋骨
    膝蓋骨は三角形の形状をしており、大腿骨髁上の溝に位置しています。膝蓋骨は四頭筋腱によって引っ張られ、膝関節の安定性を高め、力を分散します。

これらの骨は膝関節を構成し、体重の支持や下肢の動きを可能にしています。また、軟骨や靭帯、筋肉などの周囲の組織と共に働いて、膝の安定性と機能を維持します。

こんなお悩みはありませんか?

  • 膝が痛い
  • 膝が腫れている
  • 膝がこわばる
  • 膝がしびれる
  • 運動や歩行時に膝の不安定感がある
  • 膝の赤みや熱感がある
  • 動かした時に膝から音がする

こんな病気の可能性があります

上記以外の病気の可能性もあります。
どの病気も早めの診断が早期回復のカギですので、当院へ気軽にご相談ください。