足の病気

足の骨の名前や機能について

足の骨は大まかに以下に分けられます。

  • 大腿骨(だいたいこつ):
    腰から膝まで伸びる大腿骨は、体の最も長く、最も強力な骨の1つです。
  • 膝蓋骨(しつがいこつ):
    大腿骨と脛骨の間に位置し、膝の前面にあります。膝の運動において膝蓋骨は重要な役割を果たします。
  • 脛骨(けいこつ):
    大腿骨の下端から足首まで伸びる脛骨は、膝蓋骨と一緒に膝関節を構成します。
  • 腓骨(ひこつ):
    脛骨の隣に位置し、膝関節から足首まで伸びます。脛骨と共に足首の安定性を提供します。
  • 踵骨(しょうこつ):
    踵を形成し、足の後部に位置する大きな骨です。
  • 距骨(きょこつ):
    踵骨と脛骨の間に位置し、足首の動きを制御します。
  • 中足骨(ちゅうそくこつ):
    足の中央に位置し、足裏のアーチを形成し、重心を支えます。
  • 趾骨(しこつ):
    足の指を形成し、親指を含む各足に3つの関節があります。

これらの骨は、足の構造と機能を支え、歩行や走行などの日常的な活動を可能にしています。

こんなお悩みはありませんか?

  • 手が痛い
  • 手が腫れている
  • 手が動かしにくい
  • 手の力が入りにくい
  • 手のしびれやちくちく感がある
  • 手の指が曲がったり変形している

こんな病気の可能性があります

上記以外の病気の可能性もあります。
どの病気も早めの診断が早期回復のカギですので、当院へ気軽にご相談ください。