腰部脊柱管狭窄症

症状

この病気では長い距離を歩くことができません。最も特徴的な症状は、歩行と休息を繰り返す間欠跛行(かんけつはこう)です。腰痛はあまり強くなく、安静時にはほとんど症状はありませんが、背筋を伸ばして立ったり歩いたりすると、太ももや膝から下にしびれや痛みが出て歩きづらくなります。少し前かがみになったり、腰掛けたりすると症状は軽減されます。進行すると下肢の力が落ちたり、肛門周囲のほてりや尿の出が悪くなったり、逆に尿漏れが起こることもあります。

原因

加齢、労働あるいは背骨の病気による影響で変形した椎間板と、椎骨や椎間関節から突出した骨などにより、神経が圧迫されます。

病態

脊柱管は背骨、椎間板、関節、靭帯などで囲まれた脊髄の神経が通るトンネルです。歳をとると背骨が変形したり、椎間板が膨らんだり、靭帯が厚くなって神経の通る脊柱管が狭くなり(狭窄)、神経が圧迫を受け、神経の血流が低下して脊柱管狭窄症が発症します。椎間板ヘルニアに比べ中高年に発症することが多い病気です。

診断

単純レントゲン写真である程度は推測できますが、より詳しく診断するためにはMRIや脊髄造影等の検査が必要です。下肢の動脈が詰まって血行障害を生じた時にも似た症状となることがありますので、注意が必要です。

治療

予防

日常生活で姿勢を正しく保つことが必要です。神経の圧迫は腰をまっすぐ伸ばして立つと強くなり、前かがみになると和らぎます。歩くときには一本杖をついたり、シルバーカーを押して腰を少しかがめると楽に歩けます。自転車での移動も痛みが起こりにくく、よい運動になります。

治療

保存的治療としてリハビリテーション、コルセット、神経ブロックや内服薬で症状が改善することもあります。しかし歩行障害が進行し、日常生活に支障が出る場合には手術を行うこともあります。