頚椎後縦靭帯骨化症(OPLL)

症状

最初にでてくる症状として、首筋や肩甲骨周辺・指先の痛みやしびれがあります。

さらに症状が進行すると、次第に痛みやしびれの範囲が拡がり、脚のしびれや感覚障害、足が思うように動かない等の運動障害、両手の細かい作業が困難となる手指の巧緻運動障害などが出現します。

重症になると立ったり歩いたりすることが困難となったり、排尿や排便の障害が出現したり、一人での日常生活が困難になることもあります。箸を使う動作・ボタンをかける動作・ページをめくる動作など(巧緻運動)ができにくくなった場合、かなり進行した状態といえます。

通常ゆっくりと症状は進行しますが、転倒や頭をぶつけること等をきっかけに、急に手足が動かしにくくなったり他の症状が悪化することもあります。

※後縦靭帯の骨化が胸椎に起こる場合は、胸椎後縦靭帯骨化症と言います。この場合は上肢には症状が現れず、下肢に症状が現れます。

原因

脊椎などに囲まれた脊柱管(神経が通る管)の前方部分の靭帯「後縦靭帯」が骨化して脊髄や神経根を圧迫し、さまざまな神経症状が出ます。国が定める指定難病の一つです。
※医療費助成制度が受けられますので詳しくは難病情報センターホームページをご覧ください

病気が発症するのは中年以降、特に50歳前後で発症することが多く、男女比では2:1と男性に多くみられます。糖尿病や肥満の患者さんに発生頻度が高いことが分かっていますが、原因の特定には至っていません。家族内発症が多いことから遺伝も考えられています。

診断

整形外科医による詳細な神経学的な診察により、後縦靭帯骨化による神経の圧迫がどの部位で起こっているかの推測が可能です。

X線撮影によって骨化の有無が判明することが多いですが、初期でははっきりと骨化が分からない場合もあります。その際はCTの撮影も行ないます。予後や治療方針に関係する神経の圧迫の程度を調べるためには、MRIによる検査が必要です。

治療

保存療法

骨化によって圧迫されている神経を保護します。
安静保持を保つため、 外固定装具 (頚椎カラー)の装着等を行います。

頚椎椎間板ヘルニア1

また、上を向くなどの首を過度に後ろにそらせる姿勢を避けたり、転倒や頭頚部の打撲のような首に衝撃が加わるようなケガには十分気を付ける必要があります。

その他には、薬物療法として消炎鎮痛剤、筋弛緩剤等の内服で自覚症状の軽減が得られることがあります。

ただし、軽症のまま経過して病気の進行が認められないようであれば、経過観察することもあります。
例えば、わずかな手足のしびれのみで、日常生活に困難がないケースでは、治療よりも日常生活を送りやすくするための指導をする場合もあります。もし症状の進行が見られた場合、保存療法に移行します。

手術療法

症状が重度の場合は手術治療をおこないます。手術方法は骨化の状態や部位に応じて様々な方法があります。

頚椎では神経の圧迫を取るため骨化部位を摘出して、その部位を自分の骨等で固定する「頚椎前方到達法」と、骨化部位はそのままにして神経の入った脊柱管を拡げる「頚椎後方到達法」があります。