リウマチ足

症状

関節リウマチでは手指の変形だけでなく、足の症状、変形もよく起こります。他の関節に気を取られているうちに、足の変形が重度にならないように気を付けましょう。

リウマチ足では、足のあらゆる関節に症状、変形が起こりますが、足の指の前部分と足首の後ろ部分の変形に分けられます。

前足部では外反母趾や屈趾変形やタコができ、痛みや歩行障害を起こします。
後足部分は外反偏平足がよく起こり、足首が腫れ、痛みや関節の動きが制限されて歩行障害が起こります。靴が片減りしたり、つま先の部分が出っ張ったり、盛り上がったりすることも良く起こります。

原因

関節リウマチの病態は、自己免疫疾患と考えられています。自分の身体の一部を自分のものではないとして、これに対する抗体をつくって反応をおこしてしまい、このために関節液をつくる滑膜という組織にリンパ系細胞が集まって反応がおこります。そして、滑膜はさまざまな破壊物質の産生工場となって、しだいに自分の軟骨や骨を破壊してゆきます。

重症の場合には、関節は固まったり、逆にゆるんで大きく変形したりします。そして最終的に関節が破壊されつくすと、変形を残して炎症はおさまります。

前足部の変形は、指の付け根の関節の炎症による関節破壊が主な原因です。前足部では外反母趾の変形に他の指の変形が伴うと母趾内側の突出、足底の突出によるタコができます。タコはなかなか治らず、削ってもまた出来るため、骨の変形を治す必要もあります。

後足部の変形は足首のいくつかの関節が破壊されて、関節が変形して外 反偏平足などを起こします。外反偏平足や足首の変形により、痛みが起こったり関節の動きが狭くなったり、靴が変形することもあります。

診断

関節リウマチと診断されていなくても、しつこい足の腫れや痛みがある場合は、関節リウマチの可能性があります。関節リウマチとすでに診断されている方で、足の変形や症状がある方は、早めに主治医に相談をして治療を開始するよう心がけましょう。

治療

保存的療法

  • まだ変形が進んでいない場合は薬の治療が重要です。特にほかの関節も腫れている場合には、薬を調整する必要があります。
  • 足だけの痛みや変形、まだ変形が軽い場合は足底挿板(靴の中敷き・インソール)やサポーター、靴型装具を用いて痛い部分やタコの部分の負荷を減らします。足指や足首のリハビリも重要です。
  • 痛みや炎症止めの注射を打つことで、痛みや腫れが軽減します。

手術療法

進んだ変形には、程度や年齢、活動性により手術療法を行います。

  • 前足部に対する手術
    主に切除関節形成術、関節固定術、人工関節置換術、関節温存術が用いられます。
  • 後足部に対する手術
    関節破壊が軽度の場合は滑膜切除術、重度の場合は関節固定術や人工足関節置換術が行われます。関節固定術は痛みの原因の関節を固定しますが、術後の歩行に不自由はさほどなく、変形が治り見た目もよくなります。人工足関節置換術は足首の関節に限り、関節の可動範囲が保たれるため術後の動きがスムーズです。

「このくらい」と思わずに、早めに簡単な治療から開始することが、のちに重度の変形へと悪化すること防ぐ重要なポイントです。早めに病院を受診しましょう。