脊椎・脊髄疾患

脊椎・脊髄とは

脊椎と脊髄は、人間の体で重要な役割を果たしています。
脊椎とは背骨のことで、人間の体の中でも最も長い骨の集まりで、首からお尻まで40㎝もあります。
脊椎は椎骨という骨が連なってできたもので、その数は頚椎(首)7個、胸椎(胸)12個、腰椎(腰)5個、仙椎、尾骨からなります。

椎体とは椎骨の一つ一つのリング状になった部分のことを言います。
このリングの中を脳から繋がる脊髄が通ります。
椎体は頚椎・胸椎・腰椎・仙椎・尾椎とそれぞれ形が異なります。
椎骨と椎骨の間にある椎間板は、衝撃を吸収し、脊椎を柔軟に保つ役割を果たしています。
椎間板の病気として有名な椎間板ヘルニアは、椎間板に圧力が加わることで損傷し、神経を圧迫することで起こります。

頚椎とは

頚椎(けいつい)は、脊椎の一部であり、首の後ろから胸椎につながる部分を指します。頚椎はC1からC7までの7つの椎骨で構成されています。なんと、あの首の長いキリンも人間と同じ頚椎は7個なのです。(椎体一つがすごく大きいんですね。)これらの椎骨は、首の支持や保護、頭部の動きを可能にする重要な役割を果たしています。

頚椎の動きは他の部位の椎骨に比べて多彩であり、頭部の回転や傾斜、前屈、後屈などの動作を可能にします。この動きの自由度は、首の柔軟性と頭部の方向の制御に重要です。

頚椎は頭部を支持し、脳や脊髄を保護する役割を果たします。また、頚椎の椎間板や関節が炎症を起こすことがあるため、頚椎の健康は首の機能や神経系の健康にも重要です。

こんなお悩みはありませんか?

  • 首が痛い
  • 頭痛がする
  • 肩がこる
  • 手・腕・肩のしびれ
  • 手や腕に力が入らない
  • めまいがする

頚椎の主な病気

胸椎とは

胸椎(きょうつい)は、脊椎の一部であり、胸郭(胸部)と背骨の間に位置する部分を指します。
胸椎は通常、T1からT12までの12個の椎骨で構成されています。

これらの椎骨は比較的大きく、胸椎の後方には椎弓(せきゅう)と呼ばれる骨棚があります。椎弓は背骨の側面に突き出し、脊柱管を形成します。脊柱管は脊髄を保護する重要な役割を果たします。

胸椎の特徴は、各椎骨には肋骨が付着しており、これらの肋骨は胸郭の一部を構成し、内部の臓器を保護します。胸椎の椎体(椎骨の前部)は、脊柱の重要な構成要素であり、背骨の重さを支える役割を果たします。

胸椎は胸郭の安定性や柔軟性を維持し、胸郭の動きを可能にするだけでなく、体幹の姿勢やバランスを調整する役割も果たします。また、胸椎の異常や損傷は、背中や胸部の痛み、姿勢の変化、神経症状などを引き起こす可能性があります。

こんなお悩みはありませんか?

  • 背中や胸が痛い
  • 手や腕のしびれ
  • 息切れがする
  • 食欲不振がある
  • 吐き気がする
  • 背中が丸まったり前かがみになる

胸椎の主な病気

腰椎とは

腰椎(ようつい)は、脊椎の一部であり、腰部(背中と骨盤の間)に位置する椎骨のことを指します。腰椎は通常、胸椎と仙椎(仙骨)の間にあり、腰部の支持と動きをサポートします。腰椎は通常、L1からL5までの5つの椎骨で構成されています。

腰椎の特徴は、他の椎骨よりも大きくて厚い椎体(椎骨の前部)を持っており、重要な体重を支える役割を果たします。また、腰椎の椎間板は厚く、柔軟性があり、背骨の動きを可能にするのに役立ちます。

腰椎の役割は、体重を支えるだけでなく、脊髄を保護し、体幹の姿勢を維持することです。また、腰椎は腰部の動きを可能にし、体の上半身と下半身の間の運動を調整します。腰椎は非常に重要な役割を果たしており、日常生活や運動活動において重要な役割を果たしています。

こんなお悩みはありませんか?

  • 首が痛い
  • 頭痛がする
  • 肩がこる
  • 手・腕・肩のしびれ
  • 手や腕に力が入らない
  • めまいがする

腰椎の主な病気

上記以外の病気の可能性もあります。
どの病気も早めの診断が早期回復のカギですので、当院へ気軽にご相談ください。