母指CM関節症

症状

物をつまむ時や瓶のふたを開ける時など、親指に力を必要とする動作で痛みが出ます。進行すると親指が開きにくくなり、CM関節の変形は外見からも分かるようになります。
※CM 関節:親指の付け根の関節

原因

母指CM 関節は良く動く関節なので、使いすぎや加齢に伴って発症したり、この部分の脱臼や骨折後にも起こることがあります。女性の場合、ホルモンバランスの変化も関係すると考えられています。関節軟骨がすり減ると、関節を包む袋(関節包)の内側にある滑膜(かつまく)にはがれた軟骨のかけらが散り、滑膜の炎症や腫れを起こし痛みの原因となります。さらに進行すると関節は亜脱臼してきます。

診断

親指の付け根を押さえると痛みが生じ、運動時痛があります。 レントゲン検査で関節の変形があれば診断がつきます。

治療

保存治療(投薬・固定装具(サポーター)・温熱療法・関節内注射など)が有効です。
保存治療でよくならない場合は、手術治療(関節固定術・関節形成術)を行うことがあります。