頚椎椎間板ヘルニア

症状

首や肩甲部、上肢に痛みやしびれが放散したり、箸が使いにくくなったり、ボタンがかけづらくなったりします。また足のもつれ、歩行障害が出ることもあります。まれに排尿障害や、狭心症に似た胸部痛が見られます。

原因

椎間板が加齢などで変性し、後方へ突出して起こります。30~50歳代に多く、しばしば原因なく発症します。悪い姿勢での仕事やスポーツなどが誘因となることもあります。

病態

椎間板は背骨をつなぎ、 クッションの役目をしています。その軟骨(髄核)が脊髄や神経根を圧迫し症状が出ます。

診断

頚椎を斜め後方へそらせると上肢に放散痛が見られます。上肢や下肢の感覚が鈍いことや力が弱いこと、上肢・下肢の腱反射の異常、首の後屈制限などで診断します。さらにレントゲン撮影や MRIなどの検査を行い診断を確定します。

治療

痛みが強い時期には、首の安静保持を心がけ、頚椎カラー装具を用いることもあります。また消炎鎮痛剤の服用や、神経ブロックなどで痛みを和らげます。痛みが少し軽くなれば運動療法を行うこともあります。これらの方法でよくならない場合や、上肢下肢の筋力が低下したり、歩行障害、排尿障害がでれば手術を勧めます。