足底腱膜炎

症状

長時間の立ち仕事や歩行により、かかとの内側前方に痛みが出ます。階段を上る際やつま先立ちなどで痛みが増します。中年女性に多く、起床して最初の一歩目に痛みを感じます。歩くうちに軽減し、夕方になって歩行量が増えると、再び痛みが強くなります。同様の症状はスポーツ活動でもみられます。ランニングなどの開始時は強い痛みを感じ、運動を続けると軽減し、長時間になると再び痛みが強くなります。

原因

足底腱膜とかかとの骨が付着する部分には、強い引っ張られる力とともに、着地時の荷重による衝撃(圧迫力)の両方が加わることで、過大な負荷が集中します。 そのため長時間の立ち仕事や歩行、体重増加、靴の不適合、スポーツによる使いすぎが主な原因と考えられます。 

病態

足底腱膜炎は、繰り返しの負荷により、足底腱膜とかかとの骨との付 着部に微小外傷(小さな傷)や変性が起きて痛みが生じる、腱・靭帯付着部症のひとつです。初期には足底腱膜とかかとの骨との付着部に微小外傷があらわれます。進行すると石灰化、骨化がみられるようになり、X線像で骨棘(骨のとげ)が見られることもあります。

診断

以下の症状が認められた場合、足底腱膜炎と診断されます。

  • 足底腱膜とかかとの骨の付着部周囲に圧痛がある。
  • 長時間の立位、歩行、走行、歩行開始時のいずれかの時に、足底腱膜とかかとの骨の付着部周囲に痛みがあらわれる。
  • 神経の圧迫や障害(足根管症候群等)、 反射性交感神経性萎縮症(RSD)、足底腱膜線維腫症等は除外する。

治療

保存的療法

1,理学療法

  • アキレス腱や足底腱膜のストレッチを行います。
  • 足の形に合った靴を履くようにしたり、足底挿板(靴の中敷き・インソール)を装着したりします。足底挿板の素材としては、かかとの部分に衝撃吸収材を用いることもあります。
  • 最近では体外衝撃波療法なども行われています。

2,薬物療法

  • 痛みには非ステロイド系消炎鎮痛薬の外用剤や経口剤を用います。
  • 痛みが非常に強い時はステロイドの局所注射を行います。

手術療法

重症の場合は、足底腱膜の付着部を切り離す手術や、かかとの骨棘を切除する方法があります。