関節リウマチ

症状

最初は両手足の指の関節が対称的に腫れて、特に朝こわばるようになります。人によっては膝関節や股関節など大きな関節にも病変が進み、動きにくさや痛みで日常生活が困難になります。特に30~40歳代の女性に多く、軽症~重症の人もいて症状も多彩です。進行性の病気のため早期の診断・治療が必要です。この病気は全身病のため、貧血症状や倦怠感、微熱が出ることもあり、こうした場合は症状が悪化します。

全身の関節に進行する病型の場合、指や手首の関節が破壊され、指が短くなったり、関節が脱臼して強く変形することがあります。足の指にも変形が起こります。この病型で一番怖いのは、首の一番上の部分で背骨が前にずれて、脊髄が圧迫され手足のマヒや呼吸がしづらくなることです。

原因

遺伝的要因や細菌、ウイルス感染などが考えられますが、原因は不明です。関節リウマチは自己免疫疾患であり、自分の体の一部を敵とみなし、抗体をつくり攻撃します。関節液を作る滑膜で反応が起こると、様々な破壊物質の産生工場となり、次第に自分の軟骨や骨を破壊します。重症の場合、関節が固まったり、逆に緩んで大きく変形します。最終的に関節が破壊され尽くすと、変形を残して炎症はおさまります。

診断

アメリカリウマチ学会とヨーロッパリウマチ学会の新診断基準(2010年)で診断します。

A.腫脹または圧痛関節数
B.血清学的検査(リウマチ因子、抗CCP抗体)
C.罹患期間(6週以上か未満か)
D.炎症反応(CRP、血沈)

治療

薬物療法

炎症を抑えるステロイドや非ステロイド性消炎剤が使われます。
リウマチ反応を抑える抗リウマチ剤や免疫抑制剤、最近では生物学的製剤も使われています。
ステロイドの関節内注射も行われます。

リハビリテーション・理学療法

  • 炎症のある関節を一時的に固定し、装具などで支えます。
  • 温めたり圧迫して痛みや腫れを減らします。
  • 運動療法で筋肉をつけ、こわばった関節を柔らかくします。

手術療法

長い間に関節の炎症が進むと、手術が必要になる場合もあります。
また指の伸筋腱が断裂して手術が必要になることもあります。

関節鏡で見ながら関節の中を洗浄したり、炎症組織を切除します。
切れた腱や傷んだ関節周囲の組織を修復します。
変形したり緩んだ関節を使いやすい位置で固定します。
手足の関節を人工関節で置き換えることもあります。