腰椎分離症

症状

腰椎分離症はスポーツを活発に行っている10歳代前半の伸び盛りの青少年に、はじめは運動時の腰痛という形で出ます。運動時には腰が痛いけれど、普段は何ともないという程度で、運動を続けることも可能です。背中をそらす動作で腰痛が増すのが特徴で、しばしば前かがみも制限されます。

原因

腰椎の後ろ半分は「椎弓」といってリング状の構造をしています。そのリングの斜め後方は細く弱い部分で、背中をそらす動作やジャンプからの着地のような動作で力がかかります。そういう動作が繰り返されると骨にひび(疲労骨折)が入ります。すべての人が分離症 になるわけではなく、体質的な要因もあります。一番下の腰椎(5 番目)に好発します。

治療

分離症の起こり初めの段階では、骨のひびはまだ治ります。まず原因となったスポーツ、運動を休止させることが第一です。加えてコルセットで腰を固定し、ひびの部位に力がかからないようにします。ただ、ひびが入ってから時間がたったものは、骨が再び付くことは期待できません。痛みのコントロールが治療の目標です。痛みに対しては痛み止めを使うこともありますが、筋肉のバランスをとるための腹筋訓練や背筋、大腿部の筋肉のストレッチも重要です。脊椎分離症は将来的に骨のずれ(腰椎分離すべり症)に進行し神経症状が出現することがあり、手術が必要になることもあります。

スポーツ復帰

骨がつく見込みがあるかはレントゲン検査やCT検査などで判断します。 見込みがある場合は6か月くらいまでは骨をつける努力をします。その間はスポーツ活動を休止します。骨のつく見込みのない分離症は強い痛みが収まり次第、上記の治療で痛みをコントロールしながらスポーツに復帰することになります。詳しくは脊椎専門医の指示に従ってください。