屈筋腱損傷

症状

指を曲げるヒモ(屈筋腱)が切れると指は曲がらなくなります。指の血管や神経も同時に切れることも少なくありません。

親指では1本、他の指では2本の腱があります。図の網掛け部分にはトンネルがあって、その部位は特に治療が困難です。

原因

切り傷や刺し傷などで屈筋腱が断裂します。 腱が切れると力が指に伝わらないため、指は曲がらなくなります。

診断

けがをした指が曲がらないことで診断がつきますが、親指以外は2 本の屈筋腱があって両方切れた場合やそのどちらか一方が切れた場合は、指の曲がり方が異なります。

深指屈筋腱だけが切れた場合 普通に握ると第一関節は曲がらない。

浅指屈筋腱・深指屈筋腱両方が切れた場合 第一・第二関節とも曲がらない。

治療

早い時期なら手術で腱をつなぎます。ケガの部位や程度、腱の断裂の状況で縫い方も後療法(手術後の固定期間やリハビリなど)も異なりますので、主治医の指示に従ってください。切れた腱が縫合できない場合は、腱の移植が行われることもあります。いずれの方法でも手術後の後療法が重要です。