手と手首の病気

手の骨の名前と機能について

手は27個の骨から構成されており、手根骨(手のひらの骨)、中手骨(指の骨)、指骨(指の先端の骨)の3つのパートに分かれます。

  • 手根骨
    前腕の橈骨と尺骨から繋がる部分で、手首を構成します。
    手根骨はさらに近位(手前側にある豆状骨、三角骨、月状骨、舟状骨)と遠位(指先側にある大菱形骨、小菱形骨、有頭骨、有鉤骨(ゆうこうこつ))に分けられます。
  • 中手骨
    読んで字のごとく、手の真ん中にある骨です。
  • 指骨
    中心から外側に向かって基節骨(きせつこつ)、中節骨(ちゅうせつこつ)、末節骨(まっせつこつ)の3つに分けられます。
    親指は小さいので中節骨はありません。

手には多くの小さな筋肉があり、これらの筋肉は手の動きを制御し、機能させるのに役立ちます。
これらの骨と骨、筋肉と筋肉、または筋肉と骨を結びつけるのが靭帯と腱で、手の安定性と動きをサポートします。

また、手には多くの神経が走っており、手の感覚と運動を制御します。主な神経には正中神経、橈骨神経、尺骨神経などがあります。

こんなお悩みはありませんか?

  • 手が痛い
  • 手が腫れている
  • 手が動かしにくい
  • 手の力が入りにくい
  • 手のしびれやちくちく感がある
  • 手の指が曲がったり変形している

こんな病気の可能性があります

上記以外の病気の可能性もあります。
どの病気も早めの診断が早期回復のカギですので、当院へ気軽にご相談ください。