橈骨遠位端骨折

症状

手首に強い痛みがあり、短時間のうちにはれてきます。時に、変形が見られます。 指に力が入らず、十分に握ることができません。骨折部は不安定で反対側の手で支える必要があります。

フォーク状変形

よく見られる変形は横から見た場合に、フォークを伏せておいたような形になるのでフォーク状変形と呼ばれます。

原因

年以降(閉経後)の女性が転んで手を突いて骨折する場合が最も多いのですが、若い人でも走って転んだ場合のような強い外力が加わると骨折します。

診断

転んで手を突いて、痛み・はれが出たような場合には骨折が疑われます。 診断にはX線検査が必要です。

治療

骨折のズレは手を引っ張ったりなどして、元の形近くに戻します。 ギプスなどの固定をします。ギプス固定中であっても手指はつとめて動かすようにしましょう。
ギプス固定をしてもまたずれてきてしまうような場合や骨のずれや粉砕が大きく不安定な場合には、手術的療法が必要になります。

ギプス固定

プレート固定