変形性膝関節症

症状

主な症状は膝の痛みと水がたまることです。症状が進むと膝の動きは制限され、膝が完全に伸びなくなります。またO脚変形が生じます。

  • 初期…立ち上がりや歩き初めに膝が痛む(休めば痛みが取れる)
  • 中期…歩くと膝が痛み、正座や階段の上り下りが困難(動作不自由)
  • 末期…変形が目立ち、膝がピンと伸びず歩行困難(日常生活不自由)

原因

原因は関節軟骨の老化、外傷、肥満、遺伝的素因等が考えられます。 加齢によるものでは、関節軟骨が年齢とともに弾力性を失い、使いすぎによりすり減り、関節が変形します。

診断

問診や診察、特に触診で膝内側の圧痛、動きの制限、腫れや変形などをチェックし、レントゲン写真をみて診断します。必要によりMRIなどの検査も行います。

治療

予防のための日常生活の注意点

  • 太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)を強化しする。
  • 肥満であれば減量する。
  • 正座を避け、椅子中心の生活にする。
  • 膝を冷やさないようクーラー等に注意する。
  • 洋式トイレを使用する。
  • 急に痛む時は冷やし、慢性化したら温めて血行を良くする。

治療

  • 薬物療法:外用薬(湿布薬や軟膏)、内服薬(消炎鎮痛剤)、関節内注射 (ヒアルロン酸)など
  • 理学療法:大腿四頭筋強化訓練、関節可動域改善訓練、温熱療法など
  • 手術(上記の治療で治らない場合):関節鏡手術、高位脛骨骨切術、人工膝関節置換術など