野球肘

症状

成長期にボールを投げ過ぎることによって起こる肘の障害を、野球肘と呼びます。ボールを投げる時やその後に肘が痛くなります。肘の伸びや曲がりが悪くなり、急に動かせなくなることもあります。肘の内側に発生する内側側副靭帯損傷(内側型野球肘)と、肘の外側に発生する離脱性骨軟骨炎(外側型野球肘)の2種類があります。

原因

繰り返しボールを投げることによる肘への過剰な負荷が原因です。

肘の外側では骨どうしがぶつかって、軟骨がはがれることもあります。

診断

肘に痛みがあり動きも悪いなどの症状であれば、この病気が疑われます。 レントゲン検査やMRI 検査で診断します。

治療

まず、投球を中止します。 我慢して投げていると障害を悪化させます。 装具で肘を固定したり、鎮痛剤の内服や湿布をしたりします。 病状によっては手術をすることもあります。

装具での固定

手術により軟骨の修復を助けます。
(左)骨に数か所穴を開ける手術
(右)骨を釘のようにして移植する手術
※上記以外にもいろいろな手術があります。

最も大切なことはスポーツ復帰の時期です。必ず担当医師とよく相談してください。