上腕骨顆上骨折

症状

転んで手をついてから肘の部分に激しい痛みと腫れがあり、痛くて動かせない場合、この骨折が疑われます。同時に神経や血管を痛めると、手や足がしびれて動かせないことがあります。

骨粗しょう症が進んだ高齢者では、ちょっとした打撲や転んで手をついた際に起こりやすい骨折です。
その他にもスノーボードでの転倒、鉄棒などからの落下でも起こりやすいとされています。

原因

転んで手をついた際、腕が反って肘の部分で骨折します。子供や高齢者によくみられる骨折です。

診断

受傷時の状況や肘をやや曲げて腕を下げたままで、痛がって動かそうとしないことで疑います。
また、レントゲン写真で異常がないことを確認します。

治療

変形が少なければギプスなどで固定を行い、不安定な場合には手術(鋼線固定など)をします。腫れがひどい場合には、けん引(腕を吊って引っ張る)治療を行うことがあります。

合併症

同時に神経や血管をいためることがあり、時には早急に手術を要することがあります。骨折した部分で骨は内側に捻じれやすいため、変形(内反肘)が残ることがあります。