内側側副靭帯(MCL)損傷

症状

内側側副靱帯損傷は、膝の靭帯損傷の中で最も頻度の高い外傷であり、その多くがスポーツ中に発生します。外側からのひざへの衝撃やひねりなどで、靭帯が損傷することにより起こる傷害です。

主な症状
  • 膝の痛み:
    膝の内側に強い痛みがあります。圧迫や外反(膝が「くの字」に曲がる)によっても激しく痛みます。
  • 膝の腫れ:
    膝の内側に腫れが生じます。重症例では前十字靱帯(ACL)損傷を合併している場合があり、関節内に血が溜まり、膝が腫れます。
  • 膝の不安定感:
    膝の内側にある靭帯が不安定になることで、横方向から負荷に対し不安定感があります。
  • 膝の動きの制限:
    痛みにより膝の曲げ伸ばしが制限されることがあります。

原因

膝の内側側副靱帯とは、膝の内側に存在する靭帯です。 大腿骨から脛骨についています。

膝の内側側副靱帯は、膝の外側からかかるストレスへ抵抗し、ひざ内側の安定性を保つ役割があります。

内側側副靭帯は全スポーツ外傷の7%を占めています。接触型のスポーツで直接膝の外側から力が加わって受傷するもの(ラグビーや柔道など)、非接触型のスポーツで減速動作の多いもの(バスケットボールやバレーボールなど)や膝を外反・内反させる動作の多いもの(スキーなど)で受傷する頻度が高くみられます。

診断

問診や徒手検査により、痛みや腫れ、膝の可動域、安定性などを評価します。また、内側側副靱帯損傷は、MRI検査や医師による靭帯ストレステストなどで、重症度を3段階のレベルで分けられます。

Fetto&Marshallに基づく分類
GradeⅠMCLの疼痛のみ、外反ストレステスト0°、30°ともに陰性
GradeⅡ外反ストレステスト0°陰性、外反ストレステスト30°陽性
GradeⅢ外反ストレステスト0°、30°ともに陽性→手術適応

治療

保存的療法・理学療法

テーピングやサポーターでひざを固定し、可動域訓練や歩行練習や筋力訓練を行います。
損傷度合いによりますが、保存療法では1~3カ月程度での競技復帰を目指します。

膝のサポーターの例

手術療法

Ⅲ度の重症の時では手術を行う場合もあります。その場合は切れた内側側副靱帯を縫合する靭帯縫合術、自分の腱を移植する靭帯再建術などが行われます。

損傷が側副靭帯のみの場合、保存療法、手術療法ともに予後は良好ですが、複合的な損傷の場合はゆるみが生じやすいため、後に半月板損傷などを受傷する可能性が高くなります。