肩の病気

肩の骨の名前や機能について

肩の骨は、肩甲骨(けんこうこつ)と言い、人間の背中の上部に位置し、肩関節の基部に接続されている三角形の平坦な骨です。肩甲骨は、上腕骨と共に肩関節を形成し、上腕骨の運動を可能にする役割を果たしています。

肩甲骨は背中の表面に位置しており、胸郭の後方の肋骨に沿って配置されています。肩甲骨の主な部位には、次のようなものがあります。

  • 肩峰(けんぽう):
    肩甲骨の上部に突き出した部分で、肩関節と上腕骨の運動を制御する重要な役割を果たします。肩甲峰の上部には、上腕二頭筋などの筋肉が付着しています。
  • 肩甲突起(けんこうとっき):
    肩甲骨の側面に突き出した部分で、上腕骨の運動を制御する際の筋肉の付着点となります。
  • 肩甲裂孔(けんこうれっこう):
    肩甲骨の下部にある孔で、神経や血管が通過します。

肩甲骨は、肩帯(肩甲骨と鎖骨)と胸郭の一部を構成し、肩関節の安定性を提供し、腕の運動を制御するのに重要な役割を果たしています。また、肩甲骨は多くの筋肉の付着点となっており、腕や肩の動作を支えるための重要な組織です。

こんなお悩みはありませんか?

  • 肘が痛い
  • 肘が腫れている
  • 肘が動かしにくい
  • 肘の力が入らない
  • 肘のしびれやちくちく感がある
  • 肘の変形や腫れがある

こんな病気の可能性があります

上記以外の病気の可能性もあります。
どの病気も早めの診断が早期回復のカギですので、当院へ気軽にご相談ください。